マイホームの購入には、住宅ローンを利用される方がほとんどです。
プランの内容はお客様お一人ごとに異なってきますので、ここでは主な住宅ローンの種類についてご紹介いたします。
また、各種住宅ローンのご相談は専門のファイナンシャルプランナーに無料で相談できますのでこちらも合わせてご利用ください。
資金プランのご相談についてはこちら。


 住宅ローンは、公庫融資や年金融資と言った公的融資、銀行や信用金庫など民間の金融機関による
 民間融資があります。


●公的融資の代表例
2007年4月より住宅金融公庫が独立行政法人化し、住宅金融支援機構 となりました。それに伴い、個人向けの融資は災害関係に限定されるようになりました。

住宅金融HP

財形住宅融資、自治体融資など
フラット35と併用できるプランもあります。
バリアフリー住宅や省エネ住宅と診断された場合は 金利が優遇される場合もあるため、是非利用しましょう。


●民間融資の代表例
公的融資よりは融資審査の基準が比較的緩やかで、公的融資で融資が受けられなかった方も融資が受けられる場合も。健康保証つきや女性の出産時に金利が優遇されるローンのように、サービス性の高いプランが見受けられるのも特徴と言えます。 また、金利も固定金利型・変動金利型・固定金利期間選択型と選択しなければならないことも多く、返済計画の十分な検討も必要です。

信用組合融資、生命保険会社による融資、
担保保険会社 による融資、労働金庫、社内融資など
公的融資に比べて工夫が凝らされた融資が多く、 場合によっては公的融資よりも有利なことも。 審査基準が公的融資よりも比較的緩やか。


2003年10月より開始された、住宅金融公庫と民間金融機関との提携による新しいタイプの住宅ローン・ フラット35は住宅金融公庫の廃止に伴いさらに今後の住宅ローンの中心となっていく融資体系です。
その名前の通り、金利が35年(※最長返済期間)の長期の返済でも約2〜3%前後の固定型の低金利と なっていることが特長で長期に渡る返済でも安心感があります。
詳しくはフラット35専用ホームページへ

35年間(最長返済期間)固定金利のため金利変動の影響で返済額が上昇の心配が無く、将来の 見通しを立てやすい。
保証人・繰上手数料が不要。



住宅ローンのご相談は専門のファイナンシャルプランナーへご相談ください。
ホームページからのご相談お申し込みも可能です。

フィナンシャルプランナーへ相談






サブメニュー サブメニュー 個人情報の取り扱い
リンク集